歯科矯正診察内容

ホーム>診察内容>歯科矯正

歯科矯正

各種装置を使用して、歯ならびを治します。

  • 上顎前突(上の前歯が出っ歯)
  • 下顎前突(受け口)
  • 両顎前突(上も下も前歯が出ている)
  • 叢生(歯のでこぼこのならび)等

現在、歯科矯正は年齢を問わずにできますが、早期の治療が望まれます。
8~10歳ぐらいの時期にご相談ください。

当院の特長

  • 無抜歯矯正
  • 生理的機能矯正
  • 審美的矯正
  • 小学生低学年から定期検診にて、矯正治療の必要の是非について経過を診ていきます
  • 成長期のお子さんについては歯を抜かずに矯正をすることを目標にしています(無抜歯矯正)
  • 成長期のお子さんに F.A.(機能矯正装置)を使用し、生理的咬合を獲得します
  • 成人については、最短期間で矯正治療が終了するよう心がけています
  • 審美的矯正装置(白いブラケット)と白いワイヤーを使用することが可能です

審美的装置

現在使用されている装置には、金属製の他に、白いセラミック製の装置があり、日常生活において、目立たないように治療を進めることができます。

F.A.(機能矯正装置)について

バイオネーター
上顎前突に使用します
ムー
下顎前突に使用します
ツインブロック
上顎前突に使用します
ビムラー
各種不正咬合に使用します

下顎前突(受け口)の治療例(当院治療)

  1. 治療前治療前
  2. 治療後治療後

10才の女のお子さんが受け口で来院しました。
患者様の協力度も良かったので約1年半の短期できれいな正常咬合になおりました。

舌側矯正

比較的軽度な矯正の場合は、舌側のみに装置をつけて治せます。

Neo-Cap. System (IFOCS)

  • NeO-Cap.System
  • IFOCS
特徴
  • 装置(ビムラー)の装着は夜のみ
  • Neo-Capというプラスチックを乳歯に装着する場合があります
  • 装着の違和感が少ない
  • 痛みがない
  • 治療期間は4年間(小学校卒業まで)
  • Neo-Cap
  • ビムラー矯正装置1
  • ビムラー矯正装置2

MIA矯正

今までの矯正治療

普通の矯正治療では、前歯を後ろに引っ込めようとすると奥歯も前に動いてしまいます。
今まではヘッドギアなどを使って奥歯が前に動くのを防いでいました。

MIA矯正は、小さなインプラントを支え(固定源)として前歯を後ろに引っ張りますので奥歯が動きません。
ヘッドギアを使わずに治療することができるのです。

MIA矯正の実例

  1. 治療前
  2. 治療後

1年6ヶ月で治療を終了できました。

マイクロインプラントを使用した歯科矯正

小さなインプラントを口腔内に打って、そのインプラントを土台として歯牙の移動を行います。

その利点は、
  1. 患者さんに余計な手間を掛けさせない
  2. 短期間で歯牙の移動が正確にできる
  3. 他の歯への副作用がすくない
など、革新的な技術です。

斎藤歯科医院

0238-88-1827

お問い合わせ